Imaginary World


チーム名:Hidetyo’s App
開発者:藤澤秀彦(芝浦工業大学附属高等学校)
開発者紹介:
小学6年生の頃にゲームエンジンUnityに出会い、今までに多数の作品を制作しました。
自分で作品を作る時のモットーとして、「様々な多くの方に遊んでもらえるゲーム」というものがあります。
例えば今作では日本語だけでなく、英語にも対応させることにより、世界中の方に遊んでもらえるようなゲームとしてデザインしました。
今作は今までの自分の作品とは一味違ったオープンワールドゲームとなっています。
ゲーム制作を始めてから5年間培ってきた、現在自分の持っている限りの技術や知識を詰め込んで制作しています。